GOMOU____对《村上さんのところ》的笔记(1)

GOMOU____
GOMOU____ (準備と努力は、裏切らない。)

读过 村上さんのところ

村上さんのところ
  • 书名: 村上さんのところ
  • 作者: 村上春樹/著/フジモトマサル/絵
  • 页数: 256
  • 出版社: 新潮社
  • 出版年: 2015-7
  • 第26页
    005 十九歳なんてすね。僕はその時代に、人生のうちで一番大事なことを「資料」としてたくさん取り入れたような気がします。その資料を解析するのに、とても長い歳月がかかりました。だから今のあなたとって一番大事なことはとにかく、あなたにとっての大事な資料をたくさん取り入れて、丁寧に保管していくことだと思います。
    僕の十九歳のとき何をしてたの?大学に入ったばかり、毎日毎日しっかり勉強してたらしい。でも今の僕はもう社会人になった、だんだん「四年の大学生活で勉強しかしなかったらだめなんだよ」ってことを分かった。旅とか恋とか、若いうちにすべきことだと思う。
    006 失礼な言い方になりますが、「大人というものは素晴らしいものだ」という考えそのものがちょっと間違えっているような気がします。大人というのはあくまで容れ物です。そこに何を入れるかというのは、あなたの責任です。達成なんてそんなに簡単にはできません。ちょっとずつそのへんのものを容れ物に入れていくことからすべては始まります。
    そうか、だんだん成長して「容れ物」になったね。やはり大人になりつつ、社会の不公平や自分の気持ちを自ら受け入れて、周りの人に迷惑をかけないようになるべきだ。でも達成なんて、「そんなに簡単にはじゃない」というより、「本当に難しい」といった方がいいと思う。
    021 河合隼雄先生は、心と肉体との間に「魂」というものがあって、人として間違ったことをすると、理屈は抜きで、その魂がそんな損なわれていくのだ、あるいは腐っていくのだと言っておられました。人殺しがいけないというのも、要するにそういうことなのではないでしょうか。
    「魂」でね~
    2015-08-10 10:21:42 回应