つれづれ对《新世界より》的笔记(3)

つれづれ
つれづれ (人生は地獄より地獄的である。)

在读 新世界より

新世界より
  • 书名: 新世界より
  • 作者: 貴志祐介
  • 页数: 953
  • 出版社: 講談社
  • 出版年: 2009/8/7
  • 第11页 I 若葉の季節
    人の記憶の欠落部分というのは、捏造で補われる仕組みになっているらしく、…… …… 誰一人、自分にとって不利な方向に記憶をねじ曲げていた人間はいなかったのだ。
    引自 I 若葉の季節
    2015-08-25 15:46:08 回应
  • 第416页 III 深秋
    「……人生というものには、何度か試練がやって来る。親しい友達との別れも、その一つだよ」
    引自 III 深秋
    2015-09-04 21:46:23 回应
  • 第11页 I 若葉の季節
    人間というのは、どれほど多くの涙とともに飲み下した教訓であっても、喉元を過ぎたとたんに忘れてしまう生き物であるということだった。
    引自 I 若葉の季節
    2015-09-26 23:06:21 回应