白の祝宴 (2)

  • 第331页
    「この日記は残るわ」 「太皇太后様、今、何と?」 暑い午後の昼下がり、『紫日記』の写本にも疲れていた女房たちは、太皇太后の言葉にだるそうな目を上げた。 太皇太后は夢見るように言葉を続ける。 「昔、そ...
  • 第112页
    こういう物思いをするから、女たちは日記を書くようになったのだろう。誰に読ませるためでもない。こうして毎日、つまらない雑事に追われながらー誰もがばかにしきっているくせに、それなくしてはたちまち困る衣食の...

雷峰塔 (1)

  • 第128页
    “你想想,跟许多同年龄的女孩子在一块多好。我以前好羡慕别的女孩子上学,可是不敢说什么。你外婆不用骂,只说一句,我的脸就红破了,眼泪都要掉下来了。” 琵琶只觉得微微的反感,也不知什么缘故。不能想象她母亲...

东大爸爸写给我的日本史 (1)

  • 第9页
    但仆还是硬着头皮写这本书,是因为仆强烈地认为还是有必要这么做。例如司马辽太郎那样的历史小说家,对于他们比历史学者拥有更多的读者,拥有很强的影响力这点,让仆有很大的危机感。专业的研究者们一边在同侪之间严...

殉教 (1)

  • 第185页
    昨天的读者来信中,一位少女向我袒露,她看到我的照片之后,每天夜里都进行自慰。 加代又把这封信仔细地给我读了一遍。 我躺在沙发上,一边听,一边梦想着少女身上未熟的部分。 ...

津軽 (新潮文庫) [文庫] (1)

  • 一 巡礼
    大人といふものは侘しいものだ。愛し合ってゐても、用心して、他人行儀を守らなければならぬ。 大人とは、裏切られた青年の姿である。
<前页 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 13 14 后页>