中公クラシックス

出版社: 
中央公論新社, 2008 中央公論新社 中公クラシックス
册数:  118
按收藏人数排序 / 按出版时间先后排序
  • 悲しき熱帯〈1〉

    レヴィ=ストロース / 川田順造 / 中央公論新社 / 2001-4-10 / JPY 1523
    (少于10人评价)

    文化人類学者による「未開社会」の報告はおびただしい数にのぼるが、この本は凡百の類書をはるかに超える、ある普遍的な価値にまで達した一個の作品としての通用力をも...

  • 狂雲集

    一休宗純 / 柳田聖山 / 中央公論新社 / 2001-4 / JPY 1782
    (目前无人评价)

    『狂雲集』は漢詩の形をとった禅語録である。自ら狂雲子を名のり、はぐれ雲のように生きた一休は、新しい時代の幕開きをまえに、混迷と倦怠に覆われた室町の世相を激し...

  • 大衆の反逆

    オルテガ / 寺田和夫 / 中央公論新社 / 2002-2-10 / JPY 1566
    (少于10人评价)

    近代化の行きつく先に、必ずや「大衆人」の社会が到来することを予言したスペインの哲学者の代表作。「大衆人」の恐るべき無道徳性を鋭く分析し、人間の生の全体的建て...

  • 古典外交の成熟と崩壊II

    高坂 正堯 / 中央公論新社 / 2012-12-7 / JPY 1728
    (少于10人评价)

    近代ヨーロッパの外政家たちの結晶体はいかに毀れたか。その限界がいかに越えられたか。普遍主義のへの欲求は理念や利害をはるかに凌駕するものだったのである。

  • 冷戦の起源I : 戦後アジアの国際環境

    永井陽之助 / 中央公論新社 / 2013-11-8 / JPY 1836
    (少于10人评价)

    東アジアの地政学はいかにかくなったか。米ソの暗闘が世界分割を産みだし、それ故に世界秩序形成が遅れた皮肉を徹底論証する。 戦後東アジアの国際環境を規定した冷戦...

  • 近代史における国家理性の理念 I

    マイネッケ / 岸田達也 / 中央公論新社 / 2016-9-7 / JPY 2484
    (目前无人评价)

    本書は、マイネッケによる巻きマキアヴェリ研究の所産だが、その考察を通じて国家理性と現実政治の背理をどう克服すべきか追究した一書で、画期的な追究である。

  • 古代研究〈3〉国文学の発生

    折口 信夫 / 中央公論新社 / (2003/07) / 本体1400円(税別)
    (少于10人评价)

    日本人の神の発見、その神が発する言葉に文学の発生を見る。

  • 悲しき熱帯〈2〉

    レヴィ=ストロース / 川田順造 / 中央公論新社 / 2001-5-10 / JPY 1628
    (少于10人评价)

    現存するもっとも偉大な人文学者レヴィ=ストロースのもっとも代表的な著作、それが本書である。Ⅱは、ブラジルの現地調査で得た民族誌的知見があますところなく盛りこ...

  • 平和の代償

    永井 陽之助 / 中公クラシックス / 1700日元
    (少于10人评价)

    現実主義に則る、冷静で率直な国際政治論。一部の非武装中立論や防衛力増強論を批判し、あるべき日本外交を丁寧に論じる。

  • 東洋美術史

    會津 八一 / 中央公論新社 / 2009-7 / JPY 1728
    (目前无人评价)
<前页 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 11 12 后页>
贡献者: 图文快印 陆秋槎