もの思う葦

作者: 太宰治
出版社: 新潮社
出版年: 1980年9月25日
页数: 318
定价: 500円
ISBN: 9784101006147

在豆瓣App讨论这本书 · · · · · ·

扫码下载豆瓣App
用豆瓣App扫码,找人聊聊这本书。
没有豆瓣App? 去下载
多本比价,批量购买

以下豆列推荐  · · · · · ·  ( 全部 )

谁读这本书?

伪电气白兰工厂
伪电气白兰工厂
10月4日 想读


丁萌
丁萌
8月9日 读过

tags:太宰治 日本文学
まぁ、最後の、志賀直哉に対する批評というより、罵倒に近いものはさておき、僕にとって興味深いのは、戦時中『惜別』のようないかがわしい小説を書いてあるこの作者が、この戦争で日本が負けたおかけで、日本を愛しうるというような述懐を呈することであろう。この筋合いからして太宰はいくらでも保田に通じているところが多いと言えよう。

H.B.
H.B.
2015年2月6日 读过

tags:日本文学

青夢影
青夢影
2014年1月25日 读过

tags:太宰治
ほんとうのことは、あの世で言え。

> 8人读过

> 7人想读

二手市场

订阅关于もの思う葦的评论:
feed: rss 2.0