豆瓣图书标签: 外文版

综合排序  /  按出版日期排序  /  按评价排序
  • 海街diary 行ってくる 9

    吉田秋生 / 小学館 / 2018-12-10 / JPY 620
    (少于10人评价)

    大ヒット☆鎌倉での四姉妹物語…ついに完結 春夏秋冬、いつもこの街にいた。いつも一緒だった。 そして―――すず、旅立ちの時… 浜田は千佳(ちか)と入籍し、エベ...

  • 動物化するポストモダン : オタクから見た日本社会

    東浩紀 / 講談社 / 2001/11 / 735 (税込)
    8.0 (36人评价)

    注目の批評家による画期的論考!!物語からデータベースへ オタクたちの消費行動の変化が社会に与える大きな影響とは? 気鋭の批評家が鋭く論じる画期的な現代日本文...

  • 男色大鑑

    井原 西鶴、麻生 磯次、冨士 昭雄 / 明治書院 / 1992-9 / JPY 3873
    (少于10人评价)
  • 江戸の性風俗

    氏家幹人 / 1998-12-18
    (少于10人评价)

    「性」のありようから江戸時代を読みかえる「肌をゆるす」とはどういうことだったのか。猥談の効用、高貴な人々の性、男同士の絆、恋と色のゆくえ。史料を自在に繙き、...

  • 甘えの構造

    土居健郎 / 弘文堂 / 2013-6-15
    (少于10人评价)

    「甘え」が失われた社会に 「甘やかし」と「甘ったれ」が蔓延している。 変質しつつある日本社会の根底に横たわる危機を 鋭く分析した書下し論考<「甘え」今昔>を...

  • 茨木のり子詩集

    谷川 俊太郎(編集) / 岩波書店 / 2014-3-15 / JPY 756
    (少于10人评价)
  • 日日是好日 : 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

    森下 典子 / 新潮社 / 2008 / 500
    8.5 (10人评价)

    お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。が...

  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ

    最果 タヒ / リトル・モア / 2016-4-22
    8.6 (28人评价)

    異例のひろがりで話題騒然となった『死んでしまう系のぼくらに』を超える、 待望の新詩集! - - - 都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。 塗った...

  • 殺人出産

    村田 沙耶香 / 講談社 / 2016-8-11
    8.2 (13人评价)

    祝!芥川賞受賞 村田沙耶香 最大の衝撃作はコレだ! 10人産んだら、1人殺せる。「殺意」が命を産み出す衝動となる。 今から100年前、殺人は悪だった。10人...

  • 寺山修司のいる風景―母の蛍 (改版)

    寺山はつ / 中央公論新社 / 2009/03/25 / 800
    (少于10人评价)

    孤絶の生を疾走し、急逝した天才詩人。 その寺山を支え続けた母。 母子二人で生きた戦後の生活が、後の作品の原質となった。 幼年期から並はずれて非凡だった息子を...




> 浏览全部图书标签