豆瓣图书标签: 日文著作

综合排序  /  按出版日期排序  /  按评价排序
  • 「古典中國」の形成と王莽

    渡邉 義浩 / 汲古書院 / 2019-8-29 / 本体8,500円+税
    (目前无人评价)

    本書は、『後漢国家の支配と儒教』(雄山閣出版、一九九五年)、『後漢における「儒教国家」の成立』(汲古書院、二〇〇九年)を承け、「儒教国家」を一側面として持つ...

  • 浙江大『左伝』真偽考

    浅野 裕一、小沢 賢二 / 汲古書院 / 2013-12-25 / JPY 11880
    (目前无人评价)

    http://www.kyuko.asia/book/b165971.html 二〇〇九年に浙江大学が収蔵した『左伝』、いわゆる浙江大『左伝』は盗掘された戦...

  • 続華南民族史研究

    谷口房男 / 緑蔭書房 / 2006-1
    (目前无人评价)

    『華南民族史研究』(1996)の続編。主として1997年以降に発表した前近代中国における王朝権力による華南民族への支配のあり方を検討した諸論考を収録。第一編...

  • 華南民族史研究

    谷口房男 / 緑蔭書房 / 1996
    (目前无人评价)

    第一編では主に後漢時代から北宋時代までの、とりわけ洞庭湖周辺に居住する非漢民族としての「武陵蛮」など、第二編では明代における広西地方の壮族と、その土司制度に...

  • 東洋学の系譜

    江上波夫 編 / 大修館書店 / 1992-11 / 2,310円
    (少于10人评价)

    世界に冠たる日本の東洋学。その草創期に活躍し、基盤を築き上げた個性的な24人の足跡をたどる評伝。それぞれ親縁な関係にあった当代一流の執筆者たちが生き生きと綴...

  • 文書行政の漢帝国 : 木簡・竹簡の時代

    冨谷 至 / 名古屋大学出版会 / 2010-3-29 / JPY 9072
    (少于10人评价)

    木簡・竹簡こそが最強の古代帝国を実現した 紙とは異なる木簡・竹簡の特性から、書記官のあり方、書体・書法や書芸術の誕生、そしてなによりも徹底した文書行政の実態...

  • 漢時代における郡県制の展開

    紙屋正和 / 朋友書店 / 2009-3 / JPY 12960
    (少于10人评价)

    漢時代における地方行政の実態を、陸続として発見されつつある出土史料をも考察の対象とし、はじめて網羅的、詳細に解明する。

  • 漢代の豪族社会と国家

    五井 直弘 / 名著刊行会 / 2001-5 / JPY 3456
    (少于10人评价)

    著者の五井直弘氏は1999年に逝去されている。本書はその遺稿集の第1集として刊行された。著者の主な研究テーマの一つである漢代の豪族社会に関連する論文を8篇集...

  • 漢代官吏登用制度の研究

    福井重雅 / 創文社 / 1998-12
    (少于10人评价)

    後代の科挙制度にも連なる、前漢期に形成された人材登用システムを初めて総合的に考察し、その全貌を明らかにした画期的業績。

  • 周縁領域からみた秦漢帝国

    高村武幸 編 / 六一書房 / 2017-9
    (少于10人评价)

    第1部 秦の周縁領域 戦国秦の国境を越えた人びと―岳麓秦漢『為獄等状』の「邦亡」と「帰義」を中心に…渡邉英幸 秦代県下の「廟」―里耶秦簡と岳麓書院蔵秦簡「秦...

  • 秦漢財政収入の研究

    山田 勝芳 / 汲古書院 / 1993-12 / JPY 17825
    (少于10人评价)

    秦漢時代の財政状況を諸先学の膨大な研究成果を学説史的に検討し、 新出出土史料を含む史料の的確な解釈・読解と考察をもとに財政収入全般にわたって新見解を提示する...




> 浏览全部图书标签